悩ましい遅延耐性振り

image

皆様こんにちは、ACです。 今日は遅延耐性についての考察です。 遅延耐性を何個振るのかというのは、とても難しい問題です。 1個~6個果ては8個まで振る必要あるのか? 悩ましいですよねー。 そんな感じで、自分なりに遅延耐性について、考察した結果をここに記したいと思います。 これが正解という訳ではありませんが、何かの参考にして頂ければと思います。

結論から言いますと、

  • 2個
  • 4個
  • 6個

のどれかで良いです。

汎用性の2個振り

まず、汎用性の高い2個振り

遅延耐性2個降った火ミル

上記の火ミルのように、覚醒潜在キラー2個+遅延耐性2個という振り方は非常に汎用性が高くておすすめです。 高ダメージを出しつつ、それなりにギミック対応出来るからです。

この2個振りの主な想定敵は、覚醒シヴァ遅延たまドラ覚醒ヨルズです。 自分がパズドラをやっていて、上記の三体が遅延をしてくる中で面倒な敵だという認識です。

特に覚醒シヴァは、本当にやっかいです。 攻撃そのものも痛いですし、HPもかなり高いです。威嚇して動かさない、あるいはスキルを使ってワンパンというのが一番安全な対策になります。 威嚇スキル持ちには、遅延耐性2個を振るのは鉄板と言えます。

遅延たまドラは高速周回を妨げるだけでなく、結構高火力で殴ってくる面倒なキャラです。 マルチプレイでの周回時には本当に腹が立つので、遅延対策をしっかりしたキャラで対策した方が良いでしょう。 固定ダメージ持ちにも、遅延耐性2個振るのが良いですね。

また、覚醒ヨルズも面倒です。 覚醒ヨルズ単体なら大したことはないのですが、その後に強い敵が続くというパターンが多いので、遅延耐性2個振っておくととても安心できます。 3人でワイワイをプレイしていると、覚醒ヨルズ対策で遅延を2個振ってて本当に良かったというのを痛感します。

2ターン遅延くらいなら、適当なスキルアシストで対策出来るという意見もあるでしょう。 素のスキルが強いならそれでも構いません。 しかし、アシストしたスキルで突破したいダンジョンが増えてくると遅延耐性を2個振っていると、とても安心できます。

他にも色々遅延してくるキャラはいますが、概ね2個遅延耐性を振っておけば大丈夫です。

安定の4個振り

遅延耐性を4個降ったラグナロクドラゴン

4個振りの想定は主に覚醒カグツチスタージャスティスです。 根性持ちの癖に遅延してくるズルキャラたちですね。

覚醒カグツチには威嚇が効くので、威嚇スキルキャラに遅延耐性を4個振っておくと本当に安心できます。 もう、何も怖くない(それフラグや)

スタージャスティスには威嚇が効きませんので、追い打ちで倒すしかありません。回復ドロップ生成スキルキャラに遅延耐性4個降って、追い打ちでワンパンしましょう。

覚醒カグツチやスタージャスティス対策のついでに、シェロスパーダ対策になっているというのが良いですね。 シェロスパーダも、根性持ちの癖に遅延してくるズルキャラです。 こいつは、3ターン遅延なので、遅延耐性4個振っておけばきっちり対策出来るのが良いですね!

概ね、根性+遅延という面倒なキャラを想定敵にするなら、遅延耐性4個がベストアンサーって事です。

それから、4個振りの場合、潜在覚醒キラーを1個追加できるというメリットがあります。 あと少しだけ火力が欲しいって時にキラーが刺さるというのは安心感がありますね。 よくある例ですと、ヨグ=ソトースマシンキラー1個で後は遅延耐性みたいなケースです。 上記のラグナロク=ドラゴンも、マシンキラーを振ることで、火力の底上げをしています。闘技場3で、ガイアドラゴンを削るのにとても役立っています。 これも一つの選択肢でしょう。

確実を求める6個振り

IMG_7671

6個振りの想定敵はいません。 はっきり言えば、趣味の世界です。 メジャーな敵で6ターン遅延してくるのは、マシンアテナです。 他には5ターン遅延してくる覚醒トトなんかも面倒な敵ですね。

遅延耐性を6個振るメリットに、初見でもかなりの敵に対応出来るという強みがあります。 見たこともない仮想敵相手に遅延振って楽しいの?みたいな意見はあるかもしれませんが、初見攻略の際には遅延耐性6個振りは安定感を感じます。

全体バインドとか、覚醒無効とか、消せないドロップだとか色々と凶悪なギミックを押し付けてくる相手の対策キャラに遅延耐性を6個振るのはメジャーな振り方です。 オーディンドラゴンを持っている人は大抵遅延耐性6個振ってるんじゃないでしょうかね。

遅延耐性4個振って、残り2個の枠、どうしよう……? 悩ましいですよね。

キラー振るのは勿体無いなー、かと言ってそれ以外の潜在覚醒もなー。見た目とかもあるし……。 せっかくだから、遅延耐性6個振っちゃうかーってなりますよね!

なりませんか?

なってください(`;ω;´)

過剰すぎる8個振り

2020年9月現在ですと、8個振りという事も出来ます。 でも、8個目まで振っちゃうのは、やりすぎです。 ピンポイント対策として8個振りする事はありますが、それはごく一部のマニアックなダンジョン専用になってしまい、汎用性に欠けます。 もったいなさすぎます。どうしても振りたいなら、6個振りにとどめておくのが現実的でしょう。 遅延耐性収集イベントなどで遅延耐性が余っている人は気楽に振ってもいいと思います。 でも、そこまで手持ちが潤っていない人は、無理に振る必要はありません。

結論

悩んだらとりあえず2個!

これが鉄板です。
後々必要になったら増やしていけばいいと思います。

という事で、この記事はここまでになります。 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 ブログランキングの応援、よろしくお願い致します。

パズル&ドラゴンズランキング

にほんブログ村の応援も、お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ
にほんブログ村