確定申告でひーひー言っていたACことArc Cosineです。
なんとか滑り込みで終わらせました。


さて、チャレンジダンジョン26のLv10をシヴァドラゴンで1コンしてクリアしました。

2016-03-15-02-47-53


SS取り忘れてたのですが、パーティはこちら。


2016-03-15-02-48-11


フェニックスライダーさんの防御スキルつええ……って思う程フェニックスライダーさんにかなり助けられていましたね。
残念ながら、ブブの毒の海に沈めぇ!で死んでしまったので、泣く泣く1コンティニューしてクリア。
実質ノーコンですわ(どやぁ……)



まあ、その前に何度も五右衛門さんとゼウスさんに門前払い食らっていますがね。
それでも、これだけパズル下手な僕でも1コンでクリア出来たって事は、今回のLv10はかなり簡単な方なんだと思います。
ALL297までは行かなくても、ほぼ297でパーティ構築したり、五右衛門の削り方を覚えたり、数ターン続く防御スキルを持っていたり、マルチでクリアしたり、ゼウスの所で6コンボ安定させたりと色々条件が重ならないとクリア出来ないので、やっぱりLv10難しいですね(1行前を全力否定するスタイル)

一応、パーティが育っていて、運がよければクリアできるダンジョンみたいなので、腕に自信がない人でも何度か挑戦してみるのはどうでしょうか?



ちなみに、個人的には昨日発表されたスキル継承は、コンプガチャ(カード合わせ)に抵触すると思っています。

インターネット上の取引と「カード合わせ」に関するQ&A


「カード合わせ」とは、2以上の種類の文字、絵、符号等を表示した符票のうち、異なる種類の符票の特定の組合せを提示させる方法を用いた懸賞による景品類の提供のことをいいます(懸賞景品制限告示第5項)。 
 例えば、事業者が菓子のパッケージの中に絵柄の異なる任意のカードを1枚入れた上で消費者からはどの絵柄のカードが入っているかが分からない状態で販売したり、複数の形状の商品を用意した上で商品のパッケージ中にどの形状の商品が入っているのかが分からない状態で販売したりして、それら異なる絵柄のカードや異なる形状の商品のうち特定の2以上の異なる絵柄のカード又は異なる形状の商品をそろえた消費者に対して景品を提供するような場合がこれに当たります。 
 なお、こうした方法は、「カード合わせ」のほか、「絵合わせ」、「字合わせ」などとも呼ばれることがあります。 

ガチャ限で、スキルの異なるモンスターを組みわせて、スキル1とスキル2を使わせるというのがいわゆる「懸賞による景品類」に当たるものと思っています。
どこが懸賞なのかというと、ガチャ限「だけ」という縛りが、抵触すると僕は思っています。
これが、例えば☆6以上のキャラみたいに緩い縛りだったら、降臨キャラも対象に入るので、グレーながらもセーフだと思うのですが、今回のスキル継承システムはガチャ限「だけ」でしか出来ないという仕様です。
そうすると、ガチャ限=「懸賞による景品類」の組み合わせになるので、カード合わせになるのではないかというのが、僕の解釈です。


まー、法律の専門家でも無いし、ド素人の意見ですし、ガンホーだってそこまで馬鹿じゃないからちゃんと理論武装しているとは思うのですが、詳しい人に是非とも突撃して欲しい所です。




ではでは。 

 他のパズドラブログも見に行きましょ♪↓をポチッとな。
ダウンロード
パズル&ドラゴンズランキングへ