微課金勢のパズドラ戦記

月5000円~20000円ほどパズドラにぶっこみながら、微課金で遊んでいると主張してる人のブログです。攻略っぽい事や考察っぽい事が書かれることもありますが、大抵はその日やったパズドラのメモです。どうぞお気軽にコメントしてください。

2015年09月

追記:シヴァドラゴンを使った完全無化金編成のポチポチパーティの記事をアップしました出落ち感満載ですが、これでゼウス降臨を周回できます。究極五右衛門のスキルレベルは2体とも最大にする必要があります。ベテルギウスはレベルマ推奨です。スキルブーストは全部で14です ...

パーティはこんな感じ。封印耐性100%にしていれば特筆すべきポイントはありません。この降臨、スキル遅延やら先制やら色々嫌らしい仕様になっているので、封印耐性100%のパーティが組めない人や、オールハイパーな キャラを持っていない人には中々難しいダンジョンですね。後 ...

石を追加購入し(←)、火と光の機甲龍でSランクを取りました。覚醒ヨミのスキレベ3という地雷をだしててすみません。プラス振ってないから許して!覚醒ヨミを試運転で使っているのですが、結構パズルが難しいですね。パーティ編成もちょっと変わった感じです。最適解では無 ...

パズル回数は1回だけのパーティです。ガチャ限は2体のみ(覚醒ラー、木曹操)。プラスは必須。木曹操と自分の五右衛門は+99振っていないと最後の五右衛門ワンパン出来ません(落ちコン次第ではワンパン出来るかもしれませんが、安定しません)スキルブーストがフレンド合わせ ...

ようやく、覚醒ハクを作ることが出来ました。 本気で闇パ育成しようかしらん?闇のメンツで必要なのはほぼいる感じ。サツキが居ないくらい。バットマンコラボ2をシヴァパでSランク取りました。あれ?と思った方は正常です。カネツグ降臨でかき集めた297です。 そして、この ...

2015/12/22追記最新の周回編成はこちらの記事を参考にしてください五右衛門×シヴァドラゴンパーティです。プラスは振っていなくても多分大丈夫(ファムのレベル見て察してください)必要な枠は2つ・固定ダメージ枠・パーティ全体に掛かるエンハンスこのパーティですと、覚醒 ...

落ちコンのお陰でコンボ数が伸びてこの数字。現時点で、上位7.9%んー、10%残れるか残れないか微妙なラインですね。スタミナ回復したら、また挑戦してみます。パーティ的にはこれで完成。千代女が珍しいチョイスですが40%での暗闇弾き+短変換枠として入れました。なるべくス ...

このような育てきっていないシヴァパでチャレンジし続けています。いつものベジットパだと暗闇の時辛いから、こっちだと若干楽かなーって思ってやってるのですが、結論から言うとあんまり変わらん(笑)way組みながらノータイム6コンボしないと行けないので結構辛い(´;ω; ...

とりあえず、10万点は突破しましたが、最適化してないので、まだまだって所ですね。やはり、12万点取らないと 上位へ行け無さそう。サブ端末で最初潜ってチェックしたのですが、難易度がかなり高くなっていますね。先制攻撃めちゃくちゃ多いですし、暗闇は来るし、リーダーチ ...

コンボを意識しまくり、6Fでベジットソードしたら、なんかSランク取れました。今回のコラボダンジョンのSランクかなり低いっぽいですね。まあ、ベジットソードで1Fスキップした分、平均コンボが上がったんだとは思います。6コンボ前後を平均でコンボ出来るならSランクは簡単 ...

ランキングダンジョン(イザナミ杯β)開催されますねー。前回のゼウス・ヴァルカン杯は、所謂ゼウス・ヴァルカン降臨とは全く違ったダンジョン構成でしたので、それをヒントにパーティーを練っていきましょう。これは完全予想ですので、適当に読み流して頂いて結構です。これ ...

ひたすらエヴァコラボを回っていました。無課金の癖に上げきりました。アホか……。お陰でスタミナがエヴァコラボにほとんど食われました(´・ω・`)ラストは中級2倍をポチポチパで周回して溜め込みました。やっぱり、スキラゲはどれだけ周回するかですねえ。あと、デヴメタ ...

今更ながら、ゼウスヴァルカン杯の結果です。よく見ると点数が123450w面白い点数ですね。上位5.6%でしたが、まあ、こんなもんでしょ。パーティはこちらの記事を参考にして下さい。微課金勢のパズドラ戦記 : 12万点取れるベジットパーティ今回のゼウスヴァルカン杯の10%ボー ...

パズドラの育成は下記のダンジョンを高速で周回出来るようになれば世界が変わります・超キングカーニバル・大泥棒参上・ゼウス降臨上記のダンジョンを高速周回するためのいわゆるポチポチパーティが完成すると加速度的に効率が良くなります。そこで、ポチポチパーティ用に以 ...

↑このページのトップヘ